ウーマン

美白を手に入れよう

化粧水

効果の高さに注目

女性の憧れの美白効果、そして抗酸化作用のある優れた成分が、ビタミンc誘導体と言われるものです。ビタミンcに美容効果があるとはいえ、それをそのまま塗っても皮膚への浸透力が低く、効果がほとんどありませんでした。しかし誘導体化したビタミンc誘導体の化粧品であれば、浸透力が大変高く、浸透してからビタミンcへと変化して効果を発揮してくれるのです。主な効果は、先にあげたもの以外ではメラニンを還元する作用や、新陳代謝を促してくれる作用、肌をなめらかにしてくれるなどといったものがあります。その浸透力の高さから、コラーゲンの生成にも働きかけることができ、肌のたるみや、シミやシワなどの肌トラブルにも対応できるのが魅力です。

特徴を見て選びましょう

ビタミンc誘導体ビタミン誘導体を配合した化粧品には、いくつか種類が存在しています。まず、大きくわけて水溶性と油溶性の二つで、それぞれ特徴があります。水溶性のビタミンc誘導体は、化粧水やローションなどの化粧品に配合されています。即効性が高い分持続性が短めで、浸透力は油溶性よりは下です。紫外線に弱く、高濃度のものでは冷蔵庫で保存することになる場合もあります。次に油溶性のビタミンc誘導体は、クリームやオイル系の化粧品に使用されるのが特徴です。保湿性も水溶性のものより高く、浸透率が高いと言われています。高濃度のものでも刺激が少なく、持続力がありますが、水溶性程の即効性はありません。それぞれの特徴を確認し、自身のお肌と好みにあうものを選ぶようにしましょう。