女の人

霧状の下地

化粧するウーマン

エアーファンデーションは次世代ファンデーションのことです。エアブラシを使って霧状に顔に噴射するタイプのものです。そのメリットは肌に優しいことです。つけるときも洗い落とすときも簡単です。また、持続力も高いです。

詳細を読む

肌が弱い人のお手入れには

肌ケア用品

お手入れ方法も気を配って

敏感肌の人、あるいは体調によって敏感肌になりがちな人の場合、スキンケアアイテムを選ぶ時にどうしも迷ってしまいがちです。一番いい方法は、ドクターズコスメのようなスキンケアアイテムを使う、あるいは特定の成分が含まれていない物を使うことですが、それ以外にもお手入れ方法でかなり防げることもあります。たとえばクレンジングをオイルやジェルでなく、ミルクやクリームタイプの物に変えてみる、ローションをつける時、コットンでなく手でつけるようにするだけでも大分違います。それから敏感肌の人の場合は、日焼け止めを選ぶ時は、紫外線吸収剤でなく、紫外線散乱剤を使ったアイテムの方が、肌に負担をかけずにすみます。こういう点を考慮したうえで、どのようなスキンケアアイテムを使うかを決めましょう。

このような成分にご注意を

敏感肌の人は、鉱物油や油脂が配合されていないスキンケアアイテムを使いましょう。鉱物油の場合はミネラルオイル、パラフィンなどが有名で、肌に浸透せず、膜を作って保護をする働きをします。しかしいつまでも肌の上に載っているため負担となり、また毛穴が詰まりやすくなって、吹き出物の原因となります。油脂も同様ですが、オリーブオイルやホホバオイルなどはむしろお勧めです。それから収斂作用のあるエタノールも、水分を蒸発させてしまうので、使う時は皮膚科の医師の指導のもとで使いましょう。それから香料も刺激となることがあります。しかし、ならば天然成分由来のものがいいかというと、これも成分によっては逆にアレルギーになることがあります。市販の物の中で、自分に合いそうなアイテムを選んで使うようにしましょう。

美白を手に入れよう

化粧水

ビタミンc誘導体の化粧品は、お肌トラブルに悩む女性の味方です。水溶性のものは化粧水などのローション系、油溶性のものはクリームやジェルなどの化粧品に配合されています。それぞれ効果が違うので、自身が望むタイプのものを選びましょう。

詳細を読む

何倍もの効果

スキンケア用品

appsの化粧水を使用すると皮脂の分泌を抑制して色素沈着を防止します。ニキビとシミの予防になります。また、浸透力も非常に高いです。ただし、酸化しやすい性質がありますので、長期間使いたい場合は冷蔵庫に入れておくことです。

詳細を読む